まつげエクステンションのメリット&デメリット

まつげエクステンションのメリット&デメリット

最後にまとめとしてまつげエクステンションのメリット&デメリットをおさらいしておきましょう。

_23-2147505578

(1)メリット

・目元のメイク時間が大幅に短縮できますし、マスカラ・アイライン・ビューラーも不要です。

・長さや太さやカールの種類も自由なデザインを選べます。

・温泉やプールや海水浴でも取れませんし、汗や水での化粧崩れもありません。

 

(2)デメリット

・できるだけ睫毛を触ったりしないように注意をしなければなりません。

・持続力は3週間から1カ月程度ですが、継続するにはリペアコストが必要になります。

・グルー(接着剤)によるアレルギー反応がでるケースもあります。

・まつげエクステンションの取り扱いをキチンとしないと自睫毛が弱ったり、減ったりすることがあります。

 

——いかがでしたでしょうか?

今回は【まつげエクステンションのカウンセリング】をテーマにしてお話をしてきました。

是非とも参考にしていただいてまつげエクステンションを楽しんでください。

 

まつげエクステのblanc店舗情報

未成年者のまつげエクステンション

未成年者のまつげエクステンション

サロンによっては未成年者はお断りのところもありますが、保護者の同意があればしてくれることもあります。

最近の学生はお洒落も早熟ですから女子高校生や女子中学生でもまつげエクステンションに興味があるようです。

 

サロンでは次の点に注意をします。

・保護者の同意があるかどうか

・学校の規則に違反していないかどうか

美容外科クリニックで手術した後やシーレック手術をした後のお客さまへの注意

美容外科クリニックで手術した後やシーレック手術をした後のお客さまへの注意

この場合にはまつげエクステンションやフェイシャルの施術はしないほうがいいです。

サロンでも控えるようにアドバイスされることが多いでしょう。

とりわけシーレック手術の場合は1カ月から3カ月は睫毛パーマやまつげエクステンションは控えるように注意されます。

 

——まつげエクステンションはシーレック手術の1週間前ならば可能です。

手術した後にまつげエクステンションができないのです。

 

だったら、手術前にしておくという選択肢もあるでしょう。

まつげエクステンションそのものは手術に影響しません。

手術中にまつげエクステンションをつけていても問題はありません。

 

ですがリスクもあります。

手術中は睫毛をテープで固定されます。

はがすときも容赦なくベリッとはずされます。

まつげエクステンションが抜けてしまうことは覚悟しておきましょう。

 

シーレック手術をする病院もまつげエクステンションは外れても保障しませんと言ってきます。

シーレック手術をしたあとはアイメイクもダメなのです。

スッピンが困る女性は、シーレック手術前にまつげエクステンション付け放題をしておくと良いと思います。

低アレルギータイプのグルーはまつげエクステンションで目元トラブルになった人にお勧め!

低アレルギータイプのグルーはまつげエクステンションで目元トラブルになった人にお勧め!

・まつげエクステンションを何年も装着していたら突然グルーアレルギーになった

・花粉症のシーズンになったらアレルギーがでたようだ

こういった症状がでてきているまつげエクステンションユーザーの女性も案外多いのではないかと思います。

 

普段はお肌トラブルがない人でも季節によって異なる場合があります。

とりわけ花粉症のシーズンである春!

何かしらの異常を感じている人もいるんじゃないでしょうか?

 

春は特に要注意の季節で、他の季節と異なっていろいろなアレルギーのもとになるアレルゲンに注意をしなければなりません。

花粉症のお客さまは低アレルギータイプのグルーを取り扱っているサロンを探しましょう。

不安があるならばパッチテストを受けてから様子を見ましょう。

問題がなければ本装着に進めばいいのではないでしょうか?

まつげエクステンションでの「低アレルギータイプのグルー」とは

まつげエクステンションでの「低アレルギータイプのグルー」とは

主な種類は二つです。

 

(1)粘着力が強く硬化したあとも柔軟性がある上級者向け高級グルー

こちらの方の粘着力は1カ月以上と大変強力ですが、購入するためには技術チェックが必須になっています。

実技試験と筆記試験に合格しなければ必要であったとしても仕入れることができません。

 

(2)医療用グレードの安全性を重要視した低アレルギータイプのグルー

こちらの方は、元々が医療現場で使われていた接着成分を主成分にしています。

グルーに含有する複合物を最低限にまで抑えている特徴があります。

それによってアレルギー源になりにくく工夫がされています。

気になる接着力ですが、3週間から4週間程度になります。

 

このいずれかを選択している限りは安全に利用できるでしょう。

グルー(まつげエクステンション用の接着剤)についてのポイントをまとめておきましょう!

グルー(まつげエクステンション用の接着剤)についてのポイントをまとめておきましょう!

エクステンションを装着する場合に、もっとも注意しなければならないのはどのグルーを選ぶかどうかです。

「長持ちするのは接着力が強いもの」——だから選びがちですが、それだけではダメです。

 

一時期<まつげエクステンションに関する目のトラブル>がニュースになったことがあります。

エステティシャンのテクニック不足で問題を起こすだけではありません。

しっかりした技術・スキルがあってもトラブルが起きることもあるのです。

 

その主な原因になっているのがグルーによるアレルギー反応です。

きちんとしたサロンならば、新規のお客さまが来店された場合には必ずアレルギーの有無を確認してくれます。

これまでまつげエクステンションでアレルギー反応が出た経験がない人も油断はできません。

 

「体調はどうなのか?」とか「生理前後ではないか」と質問してきます。

そして、リスクが高いと判断した場合は低アレルギータイプのグルーをアドバイスしてくれるでしょう。

グルーの強力タイプの「エチル」と医療用成分の「ブチル」

グルーの強力タイプの「エチル」と医療用成分の「ブチル」

シアノアクリレートがグルー(まつげエクステンション用の接着剤)の主成分になります。

シアノアクリレートにも数種類に区分されます。

 

代表的なものは次のようなものです。

・エチルシアノアクリレート

・ブチルシアノアクリレート

それぞれ特性が違います。

この二つがまつげエクステンションで代表的な二種類です。

 

「エチルシアノアクリレート」は接着力が強い特徴があります。

瞬間的に硬化しますので上級者向けのグルーです。

刺激がとても強くて、ちょっと刺激臭もあります。

 

一方の「ブチルシアノアクリレート」は主に医療現場で使われることが多い接着剤の成分です。

硬化がゆっくりとしています。

刺激も少なくて、低アレルギーと表示されているグルーはこのブチルシアノアクリレートを主成分としたものになるでしょう。

接着力はエチルシアノアクリレートほど強くはないですし、独特の匂いがあります。

 

プロのアイリストならばこの二種類の名前や相違点程度は知っていて当然だと思います。

まつげエクステンションの接着剤(グルー)が滲みることをアレルギーと誤解しないように!

まつげエクステンションの接着剤(グルー)が滲みることをアレルギーと誤解しないように!

プロのアイリストの人でも誤解していることもあります。

ここでは「低刺激グルー」とか「低アレルギーグルー」について理解を深めてください。

 

まつげエクステンションの接着剤の種類について整理をしておきましょう。

商材屋や睫毛サロンのオフィシャルWebサイトにはさまざまなタイプのグルーが紹介されているのです。

その中でよく見かける言葉が(1)「低刺激グルー」(2)「低アレルギーグルー」(3)「医療用成分グルー」などです。

これらは、ちょっとずつ内容成分が異なっています。

 

——「低刺激」なんて文言が入っているとどういった印象がありますか?

何となく「沁みなさそう」とか「お肌に優しい感じ」というイメージがあります。

「刺激が少ない」という観点からみれば目にしみにくいのはあります。

大切なことは「低刺激であってもアレルギーが起こることもある」ということです。

 

また「低刺激であっても目にしみるものもある」という事実もあります。

まとめると、「アレルギーがでるかでないか」という問題と「目にしみるかしみないか」という問題は別次元のことです。

<低刺激だから低アレルギーであるとは一概に言えない>ことは認識しておきましょう。

 

成人式や結婚式・披露宴でまつげエクステンションをする場合のアドバイス

成人式や結婚式・披露宴でまつげエクステンションをする場合のアドバイス

遅くてもイベントの30日前ぐらいにはスタートしましょう。

「お試しコース」や「パッチテスト」で様子を見ながら進めていかないと間に合わなくなります。

敏感肌の女性の場合は特に早めがいいでしょう。

 

お肌に自信がある女性でもホルモンバランスや体調によっては状態が違ってきます。

折角の大切なイベントの直前になってトラブルになると回復までとても時間がかかります。

 

近頃は成人式に備えて、まつげエクステンションをされる女性も増えてきています。

お正月を挟んだりしますし、一挙に来店される人数が増えますので12月頃までに予約をしておくといいでしょう。

パッチテストをして1週間して問題がなければ大丈夫と判断してもいいです。

敏感肌の女性のために知っておきたい「まつげパーマ」と「まつげエクステンション」の知識

敏感肌の女性のために知っておきたい「まつげパーマ」と「まつげエクステンション」の知識

まつげエクステンションをする場合にはいろいろな薬剤を使用します。

代表的なものが「保護クリーム」や「医療用グルー(まつげエクステンション用の接着剤)」です。

目元の皮膚はとても薄いのは敏感肌の人に限ったことではありません。

とてもデリケートで刺激に弱い部分です。

 

これまでにまつげパーマやまつげエクステンションをして、目元周辺にトラブルが出た経験がある人も少なくないと思います。

だからこそ事前のカウンセリングが大切になります。

ちゃんとしたサロンならば、お肌タイプを確認しますし、過去のトラブルの有無を質問します。

 

そして、そのトラブルの原因を推測して対策をとってくださいます。

もしも、お肌に直接触れるものが原因ならば、対策としては「保護クリーム」を塗布するアプローチが想定されます。

アレルギー症状が出ているならば「医療用のグルー」を使用することもできます。

あらかじめパッチテストをするのは基本中の基本です。